2008年 織であらわす
江戸絵画の美

会期 7月/18日(金)〜21日(月)祝日
会場 弊 店
協力−川島織物セルコン

長い戦乱の後に訪れた平和な時代、江戸時代は、様々な文化・芸術が花開いた時でもありました。
そしてそれは絵画においても目覚しく、尾形光琳や与謝蕪村をはじめ、多くの才能ある画家が活躍いたしました。
この度は、そんな江戸時代に花開いた絵画芸術の美を帯として表現いたしました。
太平の世を彩った美の世界をどうぞご高覧下さい。


特別展示
伊藤若沖の世界

袋帯・綴なごや帯

京都・錦小路の青物問屋の主人であった伊藤若沖(1716〜1800)が絵画を志したのは30歳の頃でした。
その個性的な作品は現代においても人々を惹きつけ、今もなお輝きを増しております。
そんな伊藤若沖の絵画をモチーフに帯地を織り上げました。

=他取材画家=
形光琳・酒井抱一・与謝蕪村・円山応挙 等


併催
夏物20〜50%OFF

2008年 サマーセール

夏物の逸品の数々を特別価格にてご提供いたします。
どうぞこの好機をお見逃しなく!


皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

より詳しい詳細はPC版よりご覧下さい。
PC版URLを送る。

過去の催事情報



[0]戻る

お問合せ・資料請求
025-228-2200
info@kimono-akahane.com

パソコン版ホームページ 
http://kimono-akahane.com/