宮古上布、芭蕉布、花織、八重山上布、ミンサ織、そして紅型…。
南の島々で生まれた個性あふれる染織美をご堪能ください。
古代琉球王朝の王族のみに着用を許された高貴なる織物『首里花倉織』。その貴重な織物の第一人者、伊藤峯子氏の新作を一同に展示いたします。琉球王朝の美の極みをこの機会に是非ご高覧ください。
制作者ご本人による作品解説、花倉織の実演を行います。
伊藤峯子(いとうみねこ)プロフィール
昭和17年、大阪府豊中市にて出生。
昭和55年、沖縄県工芸指導所染織課研修生。
平成2年、第37回日本伝統工芸展、初入選。
平成6年、第41回日本伝統工芸展入選、(社)日本工芸会正会員となる。
平成21年、第61回沖展準会員賞受賞
現在に至る
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
 
第一回きもの寺子屋
 
 
 
住所 新潟市中央区古町5-604-1 営業 10時〜19時 定休日 水曜 TEL 025-228-2200 FAX 025-222-4444 Email