◆ 会 期  2003年10月24日(金)〜27日(月)
◆ 会 場 弊店


黄八丈、与那国花織、本場大島紬


糸紡ぎ、かすり括り、いざり機 ―。昔ながらの手仕事が生み出すそのぬくもりは多くの着物ファンを永きに渡ってとりこにしてきました。この度は赤羽が製作段階から産地の方々と打合せを行い、織り上げられた結城紬も合せて展示いたします。古来の伝統技法と「赤羽好み」の融合が生み出した、新しい「結城紬」を是非ご高覧下さい。


本場結城紬


昔ながらの手法で細やかな絣を
織り上げております。


トンボ玉 ―。この愛くるしい呼び名をもつガラス玉の歴史は遠く紀元前20世紀まで遡ることができます。最初は信仰や呪術の対象であったと思われますが、次第に古代人の地位の象徴を表わすものとして、世界各地に広く伝播しました。身を飾る装身具としてクレオパトラや卑弥呼のような古代の女王たちに珍重されるようになった頃、とんぼ玉はその華麗さの頂点に達しました。数千年の時を経た今日、トンボ玉は厄除けからさらには幸福を呼ぶ不思議な玉として現代のセレブな女性たちの間で静かなブームを呼んでいます。美しく、歴史を満載した小さなトンボ玉の魅力を着物と帯に託しました。




秋のお洒落を楽しむのに欠かせないコート・羽織 ―。着姿はもちろん、洒落た裏地を選ばれ「はおる・脱ぐ」仕草を粋に楽しんでみませんか。

市瀬史朗作 絵羽コート

―お洒落は足元から―
この言葉はもちろんお着物にもあてはまります。この好機をお見逃しなく!

= 展示会期間中花緒すげの実演コーナー開催 =
花緒緩め等もその場で出来ます。お気軽にご相談下さい。

この他にも秋のお洒落を楽しむお洒落着物、帯を多数展示いたします。どうぞこの機会にお着物をお召しになり、「普段の着物の楽しみ」をご堪能下さい。
皆様のご来場心よりお待ち申し上げます。




 
住所 新潟市中央区古町5-604-1 営業 10時〜19時 定休日 水曜 TEL 025-228-2200 FAX 025-222-4444 Email